TitanFXの口座開設方法

Pepperstoneの生まれ変わりとされている、TitanFXの口座開設方法です。

所要時間:3分

開始するにあたり用意しておいたほうが良い書類(データ)は、下記の本人確認書類2点になります。

身分証明書:運転免許証、パスポート、写真付住民台帳、外国人登録証/在留カードのうち一点居住証明書・・・住民票、料金明細書/請求書(クレジットカード、電気・ガス・水道などの公共料金、電話料金明細)、印鑑証明書、納税関係書類のうち一点(発行後3ヶ月以内のもの)

あるいは、

身分証明書:運転免許証、パスポート、写真付住民台帳、外国人登録証/在留カードのうち二点

を用意しておきましょう。

一番初めは、下記ボタンをクリック(タップ)して口座開設ページに飛びます。

TitanFXの口座開設ページはこちら

Live口座開設の詳細情報を入力する

入力は全て半角英数で入力します。

Eメールアドレス

ログインIDやパスワードなど、重要な情報が送られてくるため、普段お使いのメールアドレスを使用することをオススメします。

電話番号

日本の国番号は『81』ですので、頭文字に『+81』を入力します。

市外局番は、電話番号の頭の『0』を除いた数字ですので、固定電話の場合『3』携帯電話の場合『80』『90』『70』『50』のどれかとなります。

例:080-1234-5678⇒+8180-1234-5678

必要事項にすべて記入を完了し、『次へ』ボタンをクリックします。

生年月日、住所、パスワードを入力する

住所・市区町村・都道府県・郵便番号・国

英語表記ですので、部屋番号,マンション名,市区町村の順で入力します。

クライアントキャビネットパスワード設定

ここで設定したパスワードは、メールで送信されません。ですので必ずどこかに保管しておきましょう。

全てに入力をして、『次へ』をクリックします。

秘密の質問の設定・規約に同意する

秘密の質問を設定し、規約を確認して同意するならば、チェックボックスにチェックを入れ『次へ』をクリックします。

取引口座の設定

レバレッジ・口座基本通貨・口座タイプを選ぶ事ができます。

レバレッジ

1倍~500倍まで選べます。後から変更することも可能です。

口座基本通貨

JPY・USD・EUR・GBP・CHF・AUD・NZD・SGD・HKDと、豊富な種類を取り揃えています。

口座タイプ

スタンダード口座、ブレード口座の2種類から選ぶ事ができます。

スタンダード口座でも十分な取引環境ですが、TitanFXはとにかくスプレッドが狭い!特にブレード口座(ECN口座)は海外FX業者No.1の狭さ。でも紹介しているように、とにかくTitanFXのブレード口座はスプレッドが狭いのでオススメです。

当然後に口座を追加することも簡単にできる為、一番初めはスタンダード口座からの開設でも良いでしょう。

本人確認書類の送付・コード入力

TitanFXでは、身分証2通の組み合わせか、身分証と居住証明書2通の組み合わせか、どちらかの提出で本人確認をおこなっています。

身分証明書:運転免許証、パスポート、写真付住民台帳、外国人登録証/在留カードのうち一点

居住証明書:住民票、料金明細書/請求書(クレジットカード、電気・ガス・水道などの公共料金、電話料金明細)、印鑑証明書、納税関係書類のうち一点(発行後3ヶ月以内のもの)

身分証明書:運転免許証、パスポート、写真付住民台帳、外国人登録証/在留カードのうち二点
ですので、『運転免許証+パスポート』の組み合わせでも可能です。

デジカメ、プリンタスキャン、スマートフォンで撮影したもの、のいずれかでアップします。(文字が鮮明に見えるくらいしっかりと撮影しましょう)

コードの入力

コードの入力は、大文字小文字も区別して入力するようにします。

『Submit』をクリックします。

※もし手元に本人確認書類がなければ、『後日、Email、またはFAXで証明書を送ります。』をクリックしましょう。

個人口座申し込み完了

以上で口座開設手続きが完了になります。