AXIORY(アキシオリー)の良い評判

1.全額信託保全を採用

海外FX業者の場合は、おおかたの業者が「分別管理」を使用しています。一部の海外FX業者では、「上限ありで信託保全」を導入していたり、顧客資金に保険をかけることで万が一の倒産リスクを回避しているのです。

AXIORY(アキシオリー)は、数少ない「完全信託保全」を採用している海外FX業者です。

資産保全のレベルでは、トップクラスの海外FX業者として、日本人投資家からも噂がいいのです。

2.狭いスプレッド

AXIORY(アキシオリー)の平均スプレッドは、

海外FXプロの公表データで

MT4スタンダード口座 米ドル/円:1.46pips
ECNナノスプレッド口座 米ドル/円:0.48pips

と、海外FX業者の中でも、狭いスプレッドを実現しています。

その中でもECN口座であれば

取引手数料(片道):3ドル

ですのでトレードコストは、

0.48pips + 往復:6ドル(0.6pips) = 平均1.08pips

と、さらにトレードコストが安く設定されます。

とりわけ、ユーロ/米ドル、ユーロ/円で、狭いスプレッド(トレードコスト)を実現している海外FX業者なのです。

3.透明性の高いデータ公開

AXIORYでは

スリッページの発生率
約定スピードの分布

など、トレードのデータをウェブサイトで公開しています。

海外FX業者で、これらのデータを毎月公開している海外FX業者は、類を見ません。それ程、スプレッドの狭さや約定力に自信があるということを意味しています。透明性の高い海外FX業者としてお勧めできます。

4.オートチャーティストが使える

AXIORYでは

Market Scanner (Autochartist)

というツールをMT4上で利用することができます。

オートチャーティストとは?

チャートパターンが出現したときに、これからどういうふうにチャートが推移するのか?を予想してくれるツールです。

オートチャーティストが利用できる海外FX業者は、ほかにもありますが、MT4上で利用できるオートチャーティスト機能を提供しているのは、AXIORYぐらいなのです。

5.国内銀行での入金出金ができる

AXIORYには、

国内銀行送金 by Curfex

という入金方法、出金方法が用意されています。

Curfexとは、香港に本社がある国際決済サービスのこと

Curfexに登録すると、「CURFEX JAPAN 株式会社」へ入金することで、海外FX業者の口座へ入金できることになるのです。

楽天銀行
みずほ銀行
ジャパンネット銀行

に対応しています。

入金だけでなく、出金にも対応しています。

AXIORY(アキシオリー)の悪い評判

1.ボーナスがない

AXIORYは、ボーナスやトレードコンテストなどを一切行わない方針です。

ボーナスやトレードコンテストをしないことが、ボーナスやトレードコンテストを重要視する投資家にとっては、マイナスポイントとなります。

ただし、ボーナスやトレードコンテストをしない分、トレードコスト(スプレッドや取引手数料)を抑えられているという見方もできるので、大きなデメリットではありません。

2.レバレッジが低めの設定

MT4スタンダード口座
MT4ナノスプレッド口座
cTraderスタンダード口座
cTraderナノスプレッド口座

すべて、最大レバレッジは400倍です。

海外FX業者の中では、最大レバレッジの設定は低めの設定となっています。

口座の種類も、スタンダード口座とナノスプレッド口座しかなく、小額資金でハイレバレッジをかけて、ギャンブル的な投資を希望する方、初心者の投資家にはおすすめできない海外FX業者となっています。

まとめ

AXIORYの良い評判

1.全額信託保全を採用
2.狭いスプレッド
3.透明性の高いデータ公開
4.オートチャーティストが使える
5.国内銀行での入金出金ができる

AXIORYの悪い評判

1.ボーナスがない
2.レバレッジが低めの設定
3.MT5は利用できない
4.bitwalletのニュース

になります。