当サイトでは、スキャルピングなど短期トレードにおすすめの

スプレッドが狭く、手数料が安い海外FX口座を比較し

おすすめランキングで紹介していきます。

 

海外FX口座のスプレッドは広い?実際はどれくらい?

海外FX口座というのはだいたいどこも国内FX口座よりもスプレッドが広いです。

大手国内FX口座のGMOやDMMだと、スプレッドは変動制でありながら

ドル円スプレッドは0.3銭原則固定となっていますが、

となっています。

*このあたりは業者にもよりますが、基本的にECN口座の方が安くなる場合が多いです。

 

しかし、そもそもスプレッド0.3銭ではFX会社の利益が出ないので、

国内FX口座は顧客と会社は利益相反ですし

ノミ行為が行われています。

 

その反面、海外FX口座はスプレッドは国内業者に比べたら広めですが、

そこから手数料収入をきちんと取っているので、

顧客に不利になるようなことはしません。(長くトレードして使ってもらったほうがお得)

 

海外FX口座ではユーロドルがスプレッドが一番安い業者が多いですが、

時間帯によって変動しますが1pipsは最低かかります。

ドル円だと業者と時間帯によりますが、

狭い業者でも1〜1.5pipsくらいはあります。

 

他のサイトやランディングページなどでは

1pipsを切っているとうたっている所もありますが、

実際にはほぼありません。

 

 

その分、リクオートや約定拒否がないこと、追証なしやハイレバレッジ、税金面

相対取引でないNDDでSTP方式採用などメリットも多数あります。

 

値動きが激しい時でも海外の方がスプレッドが開きづらく、

約定力はあると感じます。

また、スプレッド変動の影響を受けにくいECN口座

(トレードごとに一定の手数料を払う)などもあります。

 

10pips以上を狙うトレードであれば海外FX口座でも十分取引可能です。

 

 

スプレッドが狭い海外FX業者比較

スプレッドの狭さで評価が高いのは次の業者です。

どの業者もスプレッドはSTP口座はドル円やユーロドルで1~1.3pips前後、

ECN口座なら0.2pips前後+取引手数料

となっています。

 

業者名STP口座ECN口座手数料
AXIORY狭い往復600円/lot
(0.60pips)
TitanFX狭い往復700円/lot
(0.70pips)
LAND FX狭い往復700円/lot
(0.70pips)
Tradeview Forex狭い往復500円/lot
(0.50pips)
FXOpen狭い往復500円/lot
(0.50pips)

低スプレッド海外FX業者おすすめ人気ランキング

Titan FX

低スプレッドで人気の海外FX業者です。ZuluTradeを使ったソーシャル自動売買などもできます。

もちろん日本語サポートも完備です。

AXIORY

低スプレッド業者として評価の高いAXIORYは、約定力も高くスキャルピングトレードに最適です。

MT4だけでなくcTraderプラットフォームも完備。日本語サポートもバッチリです。

LAND FX

LAND FXはスプレッドが狭い上に、口座開設時や入金ボーナスなども

充実しているのでお得です。

Tradeview Forex

老舗海外FX業者で、取引システムなど海外の口コミサイトでも高評価の業者。

スプレッドが狭く中でも特に取引コストが安いのがECN口座です。

日本人スタッフによるサポートも万全です。